急いで購入しなくても良いオプション

ここでは直ぐには購入しなくて良いオプションについて紹介します。 必要になったときに購入するべきでしょう。

スポンサーリンク

予備・外部バッテリ

予備・外部バッテリを"買っておきたい"には入れませんでした。 この記事を書いている時点で最新の GoPro HERO4 以降の GoPro ならそれなりにバッテリ持続時間があるからです。 実際に動画を撮ってみると分かることですが、電源を入れて、連続して撮影する時間はそれほど長くありません。 特にアクションシーンを長く撮影する必要がないのであれば GoPro を利用する必要もありません。

山に登る/海に出る/旅行で長時間撮影/など充電が困難なシチュエーションに GoPro のような小型カメラを持っていくのであれば、 予備バッテリを購入するべきでしょう。スマートフォンなどの充電に利用できる外部バッテリを持ち歩いた方が良いのか、 と合わせて検討すると良いと思います。GoPro 以外にも使えますからね。

もしもツーリングなどで本当に長時間の撮影が必要であるなら、充電しながら撮影するために外部のバッテリーと、 そのためのハウジング(ケース)を購入する必要があります。

"中型"以上の持ち運び用ケース

どのようなオプションを購入するかわからない段階で、中型以上の GoPro 専用ケースを購入することはお勧めしません。 実は私は直ぐに購入してしまったのですが、使い勝手が非常に良くなかったです。 バッテリなどを収納するスペースをなくして、他の物を入れたくなりますし、入れたいものが入らなかったりします。 GoPro 一つと少しのオプションだけ入る本当に小さいオプションはちょっとした携帯に良さそうなんですけどね。

GoPro 専用ケースでなくても自分でクッションを切断するタイプのケースはいくらでもあるので、 もしもキャリングケースが必要なら、そちらを購入して自分で調整するのが一番良いでしょう。