GoPro HERO5 の初めに買っておきたいアクセサリ5選!(2016年版)

GoPro ケースのイメージ。

この記事を書いているときは HERO5 発売前なので、2016 年版の「GoPro を始めるときに買って起きたいアクセサリ」を紹介したいと思います。 私が始めた当初とは全然違う内容なんですよね。GoPro で撮影するならコレってものも沢山ありますが、ここでは特に初心者向けで合った方が良さそうなものを紹介します。

スポンサーリンク

まとめたセットがある!

「プロに近いような運動をする訳でもない、でも沢山色んな撮影をして見たい」なんてことを考えていれば、格安のアクセサリセットを購入してみてはどうでしょうか。 順製品を購入するよりかなり安いです。

正直なところ品質には疑問が残りますので、激しい動きを撮影したり車やバイクで撮影する場合には純正品や品質の良いものを強くオススメします。 落下や破損による事故を防ぐためです。

個人的には安い製品が出てくること把握だとは考えていません(純正品だと偽るのは問題ですが)。品質は落ちるものの、安くて使い捨てられる商品にも需要はあります。

ゴリラポッドは外せない

このサイトの至る所にも書いてありますが、GoPro とゴリラポッドは必携です。手持ちハンドルにもなりますし、ポールや木の枝などにも巻き付けて撮影することができるためです。 他にもガードレールやちょっとした突起にも対応します。もちろん卓上三脚やローアングル三脚にもなります。

旅行に三脚を持ち歩くのが嫌でも、ゴリラポッドはかなり小さく軽く、しかも色んなところで使えるので便利です。

Chesty (チェスティ) は割と重要かも。

GoPro を始めるなら運動目的で利用する人も多いでしょう。胸部に GoPro をマウントできる Chesty (ハーネス)は便利です。 手放しで撮影することができるので色んなスポーツシーンで利用することができますし、なんなら旅行中に手を使わずに撮影することだってできます。

GoPro HERO5 からは音声で撮影するように命令できるので、特に手放しで撮影することができるメリットは大きくなりますね。

GoPro を買ったところで、手で持って撮影するようでは、スマホで撮影するのとあんまり変わらないですし。

(アタッチメントが逆に取り付けられていたとレビューに書かれていたりしますが、購入時期に寄りますし、外して反対を向けたり、GoPro の撮影モードで上下を反転することもできます。 不良品ではありません。)

電子スタビライザでプロ品質を

電子スタビライザは手振れを吸収して滑らかな動画を撮影するための機器です。少々値段が高いですが、映像の品質は格段に向上します。 簡単に言うと、テレビで見るような滑らかな映像が得られます。

なんでそんな機材が安く手に入るのかというと、GoPro などの小型カメラ用のものであれば、部品から何から何まで小さくて済むからです。 軽量小型であることの利点ですね。

HERO5 からの GoPro はカメラ本体にもブレの補正機能が入っていますが、それはカメラの中で緩和できる程度の揺れにしか対応しません。 スタビライザを使えば、持ったまま歩いたり走ったりしても、かなりの揺れを軽減してくれます。

GoPro 専用のものもあれば、スマホでも使えるものがあります。スマホと GoPro と両方で撮影したりすることがあるなら、 スマホ対応版を買っても良いかもしれませんね。

(こちらの製品 HERO5 対応かどうか不明です)

HERO5 と同時に発表された GoPro KARMA を購入するとドローンとスタビライザとケースとって色々全部入ってくるので、これがお勧めなのですが、 初心者にはハードルが高すぎます。

モバイルバッテリはどこでも役に立つ

GoPro 専用のバッテリを購入して事前に充電しておけば、充電がなくなった時にすぐに撮影することができるのですが、 初めて買うのにはちょっと抵抗があるような気がしています。

モバイルバッテリを購入しておけば、旅行先などでも充電することができますし、スマホを充電する目的などでも利用することができます。