アクションカムで使う SD カードの選択と基本知識

アクセスが非常に多いので、読みやすいように再編したページを用意しました。次のページを参照することを強く推奨します。

ここでは GoPro などで利用する microSD カードについて細かく解説します。 SD カードにはいくつかの種類があり、誤ったものを購入すると撮影に支障をきたす可能性があります。 今後もカメラなどで SD カードを利用する機会が続くのであれば、抑えておきたい知識です。

ハイスペックなアクションカムの性能をフルに発揮して満足いく動画を撮影するには、 どうしてもそれに応じたハイスペック(そして高価)な microSD カードが必要になります。

もしも不安であれば、GoPro などが公式に推奨する SD カードを購入しましょう。 もっとも簡単なのは、推奨される SD カードの情報を実在店舗の店員に選んでもらうことです。

もしもこのページを読み進めるのが面倒なら、各アクションカムで推奨される最も良い microSD カードを購入するのが良いです。

スポンサーリンク

SDカードの種類

大きさで2つに分けられる

(左) SDカード (右) microSD カード

SD カードにはいくつか種類があります。まず大きさ別に 2 つ。1 つは大きなサイズの SD カード、もう 1 つは小さなサイズの microSD カードです。 本当はもう 1 つ miniSD カードがあるのですが、あまり普及していません。GoPro で利用するのは microSD カード です。

microSD SDXC / SDHC とは

SDカード と SDXC, SDHC カード

SD カードには SDXC や SDHC といった名前が付けられているものとそうでないものがあります。SDXCSDHC とは SD カードの規格の名前です。 ほとんどの場合に、SD カードの外観に SDXC や SDHC と記されていますが、基本的な形状や外観は変わりません。

「SDXC > SDHC > なし」の順に左から新しい規格です。基本的には新しいものほど、高速に転送でき、最大容量が大きい傾向にあります。 転送速度と容量については後に続いて解説します。

GoPro も含め、昨今のカメラでは SDXC や SDHC を使うことになります。 一方で、古いカメラや読み取り機器などでは、SDHC や SDXC が使えない可能性があります。 読み書きができないときは、対応しているかどうか確認しましょう。

転送速度について

SD カードには転送速度が必ず示されています。転送速度とは、データを保存したり書き出したりするときの速度です。 表記は単に「読み取り速度」や「書き込み速度」とされていることが多いです。「クラス(CLASS)」という表記が最も利用されていますが、後述します。

「パソコンではなく、カメラなどで利用する分には、読み取り速度や書き込み速度は重要でない」と思われる方がいるようですが、それは誤りです。カメラもコンピュータです。

カメラが映す映像の情報は、絶えず SD カードに保存されていきます。映像の保存が間に合わなくなると、 その映像を正しく再生することができなくなったり、間が空いて飛び飛びの映像になります。

コンピュータやブラウザ(Youtubeなど)上で動画や音楽を再生するとき、再生がカクつくことがありますが、あの現象とほとんど同じです。 データの読み込み(書き込み)が間に合わない、ということになります。

GoPro などでは高精細(高画質)な動画や写真を保存することができます。一方で、それらのデータは非常に大きなサイズなので、高速に転送して保存する必要があります。 したがって microSD カードに求められる転送速度は大きなものになります。そして一般的には転送速度が速い microSD カードほど値段が高くなります。

クラス(CLASS) と GoPro 推奨値

SD カードの CLASS の表記、本体には 「C」 と数字

SD(microSD) カードなどでは転送速度を示すために クラス(CLASS) という単位を用いることがあります。 クラス(CLASS) とは、そのカードの最低の転送速度を簡単に表した単位です。一般的には CLASS 2, 4, 6, 10 があります。

例えば CLASS 6 とは、どんなに遅くなっても 1 秒間に 6MB(メガバイト) の速度でデータを転送することを示します。 1 秒間に 6MB の転送速度は、ふつう 6MB/sec だったり、6MB/秒 などと表記されています。

おすすめするSDカード - GoPro 公式

GoPro では少なくとも CLASS 10 のカードが推奨されています。 CLASS 10 以下のカードを利用しての動画撮影は、先に紹介したような問題が起こるので使えないものと考えて良いです。

SD カードの UHS CLASS の表記、本体には 「U」 と数字

例えば CLASS よりも新しい単位(規格) UHS CLASS は、最低の転送速度こそ、10MB/sec だったり、30MB/sec ですが、メーカが公表している転送速度は 45MB/sec だったりします。

2ページ目へ続きます。