カメラで使う SD カードの選択と基礎知識

SDカードのイメージ。

ここではカメラで利用する SD カードについて細かく解説します。SD カードにはいくつかの種類があり、誤ったものを購入すると撮影に支障をきたす可能性があります。 今後もカメラなどで SD カードを利用する機会が続くのであれば、抑えておくべき知識です。

もしも不安であれば、カメラ本体やメーカが推奨する SD カードを購入しましょう。 とりあえず撮影する必要があるのなら、もっとも簡単な方法は、推奨される SD カードを実在店舗の店員に伝えて選んでもらうと良いです。

スポンサーリンク

SDカードの種類

大きさで 2 つに分けられる

SD カードと microSD カードのイメージ。

SD カードにはいくつか種類があります。まず大きさ別に 2 つに分けられます。 1 つは大きなサイズの SD カード、もう 1 つは小さなサイズの microSD カードです。 本当はもう 1 つ miniSD カードがあるのですが、あまり普及していません。

SD カードは比較的大きなカメラ、microSD カードはアクションカムなどの小さなカメラで使います。

また、サイズが大きい SD カードの方が、同じ容量や速度の microSD カードと比較して安価な場合が多いです。

SDXC / SDHC とは

SD カード、SDHC カード、SDXC カードのイメージ。

SD カードには SDXC や SDHC といった名前が付けられているものと、そうでないものがあります。

SDXCSDHC とは SD カードの規格の名前です。 ほとんどの場合に、SD カードの外観に SDXC や SDHC と記されていますが、基本的な形状や外観は変わりません。

「SDXC > SDHC > なし」の順に左から新しい規格です。 基本的には新しいものほど、高速に転送でき、最大容量が大きい傾向にあります。 転送速度と容量については後に続いて解説します。

昨今のカメラでは SDXC や SDHC 規格のカードを使うことになります。 一方で、古いカメラや読み取り機器などでは、SDHC や SDXC 規格のカードが使えない可能性があります。

もしもカメラがカードを認識しなかったり、データの読み書きが行えないときは、対応しているカードかどうか確認しましょう。

転送速度について

SD カードには転送速度が必ず示されています。転送速度とは、データを保存したり書き出したりするときの速度です。

表記は単に「読み取り速度」や「書き込み速度」とされていることが多いです。「クラス(CLASS)」という表記が最も利用されていますが、後述します。

読み書きが早い SD カードと、遅いカードとを比較したイメージ。

「パソコンではなく、カメラなどで利用する分には、読み取り速度や書き込み速度は重要でない」と思われる方がいるようですが、それは誤りです。カメラもコンピュータです。

カメラが映す映像の情報は、絶えず SD カードに「書き込まれて」保存されていきます。 図のように、映像の保存が間に合わなくなると、その映像を正しく再生することができなくなったり、間が空いてカクついた映像になります。 したがって、ある程度は転送速度が速い SD カードが好ましいです。ただし、速いほど高価になります。

コンピュータやブラウザ (Youtube など) で動画などを再生するとき、再生がカクつくことがありますが、その現象とほとんど同じです。 データの読み込みが、再生する速度に追いつかないために上手く再生できないのです。

高精細、高機能なカメラが撮影するデータは非常に大きなサイズなので、素早く転送して保存する必要があります。 したがってカメラに、特に動画撮影に求められる SD カードは、転送速度の速さが大事になります。

SD カードのクラス (CLASS) とは

CLASS が示された SD カードと microSD カードのイメージ。

SD カードでは転送速度を示すために クラス(CLASS) という単位を用いることがあります。 クラス(CLASS) とは、そのカードの最低の転送速度を簡単に表した単位です。一般的には CLASS 2, 4, 6, 10 があります。

例えば CLASS 6 とは、どんなに遅くなっても 1 秒間に 6 MB (メガバイト) の速度でデータを転送することを示します。 1 秒間に 6 MB の転送速度は、ふつう「6 MB / sec」だったり「6 MB / 秒」と表記されています。

UHS CLASS が示された SD カードと microSD カードのイメージ。

また CLASS よりも新しい単位(規格) UHS CLASS は、最低の転送速度が「10 MB/sec」以上の SD カードです。「UHS CLASS 1」と表記されます。 一般的には「UHS 1」や「UHS 3」と表記されますが、メーカが実際に公表している転送速度は「45 MB/sec」だったりします。

容量について

SD カードの容量は、そのまま撮影できる動画の時間や写真の枚数に影響します。

SD カードのメーカなどが公表している動画の撮影時間と SD カードの容量の相対関係情報は、必ずしも正しくはありません。 したがって、SDカードの容量と撮影時間・撮影枚数の関係が知りたければ、SD カードメーカではなく、カメラメーカの情報を参考にするのが良いです。

なぜそのようなことが起こるのかというと、動画が 1 秒あたりに保存しているデータ量は、撮影時の設定や、その保存方法によって異なるからです。

例えば、ある 2 つの画像(動画)のサイズがどちらも「1920 x 1080」である場合でも、実際に保存されるデータ量は大きく異なることがあります。

圧縮少圧縮多
40.0KB28.0KB

簡単な例を上げます。2 枚の画像は一見すると同じ画像ですが、容量がまったく異なります。 実際には右の画像は圧縮されていてるからです。そのため、わずかに画像に変化があります。カメラの設定や性能によって、これと同じことが起こります。

「撮影したデータをどれだけ高品質に保存するか」によって、必要となる容量は変化します。

高品質なデータとそれより低品質なデータとに見た目の変化がなくても、データサイズが異なることがあります。 一見すると無駄に見えますが、高品質なデータには編集時に劣化しにくいなどの利点があるからです。プロ向けの使い方と言っても良いでしょう。 逆に、一般的なユーザが利用するようなカメラや動画データでは、データ量を小さくする傾向にあります。

32 GB, 64 GB までしか認識しないカメラも存在する

容量の大きな SD カードを認識しない例もあります。比較的新しいカメラでも、32 GB, 64 GB までしか認識しないことがあるので、 これについてはカメラ本体の製品仕様を確認する必要があります。

例えば GoPro などの比較的小型のアクションカムは、32 GB や 64 GB までしか対応しないモデルがあります。

筆者の SD カードに対する考え方

私は多少値段が高くても SD カードにはお金を出します。つまり (1) 大手メーカ製で (2) 容量が多く(3) 転送速度が速いものを選びます。 基本的に、データの場合は取り返しがつかないからです。 動画や写真はほとんどの場合に 2 度と取り返しがつきません。同じ条件で撮影できることは滅多にないでしょう。

高度な撮影や厳しい環境で撮影をすれば、撮影に失敗する可能性は上がります。 例えば GoPro のようなアクションカムは激しい動作中にデータの読み書きが行われますし、高速撮影すれば、その分だけデータが読み書きされることになります。 したがって、可能な限り大手メーカ製のものを利用していますし、勧めています。

高品質なものを作ろうとすればコストがかかるのは当然で、あまりにも安価な製品は信用できません。 最近は安くて高品質なものも多くありますが、価格が常識の範囲に収まる製品であれば、メーカー製をお勧めします。 ノーブランド品や無名ブランド品は過去の経験からお勧めしません。

また著名なメーカであれば 1 年保証や永久保証が付いています。 保障を受けている間は代替品を購入する必要がありますが、予備のカードはいずれにせよ持ち運んでおきたいもので、あまり不都合はありません。

耐久性についての言及は「耐久性について - GoPro などのアクションカムで使う SD カードの選択」を参照してください。

筆者の推奨

カメラ本体やメーカが推奨している製品があれば、それに準ずる SD カードを購入することをオススメします。 例えばアクションカムなどでは、推奨する SD カードが提示されていることが多くあります。

また筆者は次のような条件を満たす SD カードを現在は推奨します(執筆時・更新日時現在:2016/01/09)。

  1. 推奨する容量は 32GB 以上の適切なもの
  2. 少なくとも CLASS 10 以上の読み書きができる
  3. Sandisk / Trancsend / TOSHIBA / SONY あたりの大手メーカ

経験的に、プロフェッショナルユースでもない限りは 128 GB の SD カードは不要です。 128 GB が必要になるときは、4K 動画撮影を繰り返し行うような場合であると考えて良いです。

カメラの充電が 1 回の撮影で、128 GB を使いきるような使い方をする人は多くありません。 撮影の度にデータをパソコンなどにコピーしながら使うような撮影スタイルなら 64 GB で十分でしょう。

また 128 GB を 1 枚購入するよりも、64 GB を 2 枚購入し、携帯することをオススメします。 128 GB は価格が依然として高いためです。近い将来大容量化が進めば安価になりますから、それならば 64 GB で十分だと思います。

また 2 枚あることでトラブル時にも対応することができます。旅行などの際には大容量が必要になりそうですが、 それにしてもトラブルが怖いので、やはり複数枚持ちが良いです。64 GB 分の予算なら、32 GB を 2 枚です。

ただし 32 GB 分しか予算が出せないなら、32 GB は 1 枚で持ったほうが良いです。 16 GB は動画などの撮影中に容量が超過する危険性があります。

Transcend や Sandisk を推しているのは私が実際に購入して使っているため、使い勝手を知っていることと、 ほとんどが永久保証製品であるためです。故意の破損でなければ対応してくれるのは良いですね。 これらのメーカについては深刻なトラブルが起きたことは一度もありませんが。

次の項目に条件を満たす SD / microSD カードをいくつか紹介します。

Transcend 製

私の場合は Transcend の最高位のカードの 128 GB を購入したことがあります(トップ写真の通り)。 予備のバッテリーを持ち運び、バッテリー交換を繰り返して撮影しますし、動画の撮影もするからです。

しかし実際に撮影してみて、128 GB よりは 64 GB * 2 の方が使い勝手が良いシチュエーションの方が多いです。

Transcend の microSD には、安価な Premium と、最高位の Ultimate とが選択肢に上がります。私は過去に Ultimate 32 GB を購入しています。

Transcend microSDHC-Ultimate は初心者に勧めたい SD カード

Sandisk 製

私の場合は、GoPro が Sandisk 製を推奨するので、microSD は Sandisk の物を使っています(こちらも写真の通りです)。 Sandisk の上位クラスは少々高価ですが、極寒などの劣悪な環境でもエラーが少ないか、GoPro の方が先に参ってしまっているので、助かってます。