GoPro マウント用固定ネジの仕様詳細

GoPro のマウントを固定するネジの仕様についてまとめておきます。 ネジを自作したり、破損したネジを修復したり、 他の(アクション)カメラのマウントを流用する、流用される場合に役に立つかと思います。

ここに掲載される情報は最新の製品や製品の種類ごとに異なる可能性があります。 設計や流用などの際には十分に注意してください。 最終更新時点では、HERO4 までの製品に対応すると思います。

スポンサーリンク

ネジ・ナットの仕様と寸法

ネジの長さ

GoPro のマウント用固定ネジの仕様は次の通りです。 ただしネジの長さは純正品でも種類によって異なります。 ナットも同系統の企画となります。

ネジの規格・外径 (M)
M5
外径が 5mm です。
ネジ山のピッチ(P)
0.8mm
M5 の標準的なピッチです。
長さ
45mm (全長)
18mm~19mm (突出部のみ)
頭形状
六角
ネジ頭は丸みを帯びた六角

六角頭の各角はわずかに丸められていますね。 非純正品の場合丸まってなかったりします。 後は手持ち部分の切り口が斜めになっていなかったりします。

ナットの深さとネジの長さ

ネジの長さ 45mm に対し、ナットは 4mm ~ 5mm まで埋まります。 一方で標準的なハウジングから露出するネジの長さは 3mm 程度のようです。 僅かに余裕が持たせてあります。

これはネジを全力で巻けばハウジングの爪が曲がっていくことで明らかです。 そのまま放置するとハウジングがゆがむので注意してください。

次のページに続きます。 次のページ以降では標準ネジの種類やネジの取り外し方について紹介します。