GoProなどのアクションカムの収納ケース選び3種類紹介

GoPro ケースのイメージ。

アクションカムに限った話ではないのですが、特に GoPro などはアクセサリの類が多いので収納と持ち運びにに困りますよね。 ここでは私が買った収納ケースなどを紹介します。

スポンサーリンク

GoPro 専用ケース

GoPro 専用ケースの写真。

GoPro 専用ケースは GoPro 本体を収納するには良さそうです。最初に 1 つ購入しても良いですが、 アクセサリの類を収納しにくい感じがします。

ここでは 2 つ GoPro が入れられるケースですが、1 つだけのものもあります。ハードケースなので落下しても傷つきにくいのは良いですね。

ケースにも依りますが、GoPro 本体のほかに概ねマウントやネジ、SD カード、バッテリーなどを挟み込むことができたりします。

私の場合はチャージャーやケーブルなどを一緒に入れていますが、この他にチェストマウントやヘッドマウントを 1 つ入れると限界です。 アクセサリ・オプションを買い足す場合にはこれだけじゃ足りないですし、オプション類を持ち運ぶのもこれ 1 じゃ難しいでしょう。

例えば自撮り棒やゴリラポッドなどの3脚は収納できません。アクセサリ関係を多数持ちたい人、持ち運ぶ人はコレ + 何か。 みたいな感じになると思います。

汎用ハードケース

汎用ハードケースの写真。

写真はちょっと散らばっていますが比較的高価な汎用ハードケースも購入してみました。 自分で区切ったり、クッションの形状を自由に切り抜くことができるタイプです。

大量にモノが入るほか、落としても壊れない、持ち運び時に揺れない、なんて利点があります。 代わりに重量があるのが欠点です。

さらに後からオプションを買い足していくとケースの収納が間に合わなくなります。 クッションの形状や区切りは後からある程度は変更できますけど、とは言え限りがあるので、頻繁に買い足す人は扱いにくいです。

ある程度は普段持ち運ぶものが決まっている人専用で、どちらかというと一眼機材を持ち運ぶ人向けな気がします。 アクションカムであれば多少ラフでも良いのですし。

コンテナケース

汎用コンテナケースの写真。

私が大好きなコンテナケースです。ビックリするくらいの数のメタルラックとコンテナケースを使い倒しています。

コンテナケース割とお勧めします。持ち運び時には多少中身揺れますが、中で 100 均袋などで小分けすることもできますし、 小中大とケースサイズは色々揃っている場合がほとんどです。

ヘッドマウント、チェストマウント、ゴリラポッド、The JAM を入れてもまだ入ります。長さも十分です。

汎用コンテナケースの型番。

ちなみにこのコンテナ、アイリスオーヤマの BL-6.6 です。他にドウシシャ系などがコンテナを販売していますね。

メジャーなメーカーのコンテナであれば同じ規格のものを長期間販売してくれるので、必要に応じて買い足しできるのでお勧めです。