IKEA のキッチンタイマーを加工して GoPro の Time Lapse 用オプションにする

※サンプルが良くないのでその内良いものを作ります。

IKEA のキッチンタイマーを加工すると、GoPro を載せてイイ感じな Time Lapse (低速度撮影) ができるようになります。 多くの方が IKEA のキッチンタイマーの加工に取り組んでいます。私も先駆者に見習って挑戦しました。加工工程の写真を多く掲載するので、ページが3ページになっています。

スポンサーリンク

ドリルなどの工具を使うので小学生など子供のみで取り組むことがないようにしてください。 次の項目で紹介する既製品の購入を検討した方が良いでしょう。

既製品が存在する

解説の前に既製品を紹介しておきます。予算がない or 自分で改造できそうにない人は既製品を購入するのが良さそうです。 工具として電動ドリルが必要になるのですが、もしも電動ドリルを持っていなければそれなりの金額がかかりますし、そもそも工作が苦手な方もいるでしょう。 5000 円位までなら人件費と材料費を十分に賄えそうです。GoPro 以外にも使えますし。

また IKEA がお住まいの地域付近にない場合には Web 通販(代理購入)になり、1.5 ~ 2 倍の購入費がかかってしまいます。 そういうわけで「複数台タイマーを持ちたい」とか、「作ってみたい」とか、そういう需要を差っ引けば、多くの場合に購入した方が早いし安くなるでしょう。

必要なもの

さっそく加工に必要なものから紹介します。IKEA のキッチンタイマーを除けば、多くの物がホームセンターで手に入ります。

  • IKEA のキッチンタイマー
  • GoPro フラットヘッドマウント
  • 電動ドリル
  • ドリルタップ
    • 鉄鋼用 5.1mm 径
  • ネジ切りタップ
    • ネジ径 W1/4
    • 下穴径 5.1mm

タップは Amazon でも購入することができますが、一般的なホームセンターでも購入することができるでしょう。 他にあると良いものは、綿棒ですかね。切りくずを掃除するために使います。

私が購入して利用したドリルタップ