また GoPro HERO3+ で Wifi の Update が出来なくなりました。

過去に私の保有する GoPro が Wifi アップデートできないという不具合に遭遇して、 GoPro NIPPON(タジマモーターコーポレーション)に修理を依頼し、無償交換して頂きました。 ところがどっこい、戻ってきた機体が再び Wifi アップデートできなくなりました。 到着直後は動作していたんですけども…。

スポンサーリンク

今回の症状

ファームウェアのアップデートには成功して Wifi 設定に失敗する、という不具合です。 具体的には WIRESS SETTINGS UPDATE FAILED が表示されます。 また Wi-fi RC(リモコン) にも接続することができません。 ここまでは前回と同じです。

前回不具合時には Wifi の Mac アドレスやその他の値がすべて 0 になっていたのですが、 今回はすべて見た目上は有効値でした。カメラの各種値の確認方法については次のページを参考にしてください。

GoPro 本体の機種・ファームウェア・ wifi バージョンなどを確認する

類似する症状は多数報告されている

Wi-Fi の設定が Update 出来なくなった機体は GoPro HERO3+ BlackEdition です。 初回購入時が 2014.08.06 で、前回修理依頼・新品受け取り時は 2014.11.18 でした。 今回不具合に気が付いたタイミングは 2015.01.29 です。

3か月に1度起きてるわけですから不具合が多い感じですね。 不具合が起きている個体は関東圏の常温・常湿下にある体育館での利用が主でした。 それ以上にハードユースしている同機種(3+ Black)は、依然として不具合がありません。

そもそも頻発するようなものなのかを Google で検索してみた感じ、何件か報告がありますね。 次の物は特に HERO3, HERO3+ のものです。

これ以外にも検索結果はまだまだありますし、フォーラムなどに投稿した方以外にも同じような症状が発生している方がいます。 そもそも Wifi 使わないでいて気が付いていない人も大勢いるんじゃないでしょうか。 私の場合もいざ使おうとして気が付いたわけですし。

GoPro NIPPON とのやりとり

連絡の開始

前回は GoPro HERO4 の発売直後ということもあって、 連絡をいただくまでに時間がかかりましたが、今回は初回連絡した同日中に折り返しの連絡をいただきました。 対応は前回と同じで、精査しないと分からないとのことなので、問診票を書いて本体を提出することになりました。

代替品受け取りまでの全工程

結果的には今回も代替品の受け取り、ということになりました。 前回の対応と同じですね。 以下は問題発覚から代替品受け取りまでの全工程の経過の報告です。

2015.01.29問題発覚。
初回連絡をフォームから行う。
GoPro NIPPON より返信あり。配送を決定。
2015.01.30GoPro を配送。
2015.01.31配送した GoPro が到着したことを確認。
"念のため" 配送して到着する旨連絡。
2015.02.029:31 受け取った旨で返信あり。(月曜なので営業日初日)
2015.02.04代替品の受け取りを完了。

というわけで 6 日で GoPro が帰ってきました。土日を休業日とみれば 4 日、 配送に 1 日かかってることをみれば 3 日ですね。 前回は 10 日間かかっているので、4 日速いことになります。 前回時は HERO4 の発売直後であったため、対応に追われていたのだと推測できます。

Wi-Fi パスが異なったのだけ残念

対応が速いのは大変助かるのですが、送られてきた検査表に掲載されているデフォルトの Wi-Fi パスワード「goprohero(半角英数字)」がどうしても通りませんでした。 Wi-Fi 設定がアップデートできない、繋げられない、という不具合だったので不安をあおられる感じです。 結果的には Wi-Fi アップデートして自分でパスワードを設定することで接続できるようになったのですが、 事前に確認して頂けなかったんでしょうかね。