始める前に買っておきたい GoPro オプション - 番外編

GoPro 公式のオプションにはないものの、揃えておきたいオプションについてもいくつか紹介しておきます。 主に撮影を補助する、GoPro を管理するためのオプションです。

スポンサーリンク

レンズを拭くためのクリーナー

レンズを拭くクリーナーの類をいくつか買っておいた方が良いでしょう。 (防水)ハウジングに入れずに撮影する場合にはもちろん必要ですが、 ハウジングに入れるにしても、撮影前後でレンズが汚れてしまうことはあります。 撮影中に気が付いてしまったら気になりますし、でも適当に拭いてしまってレンズに傷を付けたら台無しです。

ゴリラポッド(特殊な三脚)

ゴリラポッドは、うねうねと曲がって好きな位置で固定できる特殊な三脚です。手すりや木に括り付けて GoPro を固定できます。 私の場合には机の上に置いて食事の風景を撮影したりもしました。椅子にも取り付けられますね。 最近は家電量販店のカメラコーナーに置いてあることもあるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。 最近では GoPro マウントがセットになったモノがあるみたいです。自由雲台も付いているのでちょっとだけお得ですね。 別売りで購入する場合には、トライポッドマウントを合わせて購入する必要があります。

用途が広く、GoPro 以外のデジカメなどにも利用できるので、トライポッドマウントと合わせて 1 つ持っておいても損はないでしょう。 一般的な三脚と比較して平坦な場所に高くカメラを構えることなどはできませんが、その代り携帯しやすいので GoPro との相性が非常に良いです。

棒状にして握れば、自画撮り用のポールにもなります(少々短いですが)。

GoPro App

無料のアプリですがスマートフォンかタブレットを持っているのなら一度は使っておくべきです。 オプションを購入しなくても、GoPro が現在映している映像をスマートフォンなどから確認することができます。 無線を経由するため映像に遅延は発生しますし、接続までの手続きもありますが、GoPro を設置して使う場合には便利です。 GoPro を使って何ができるかを確認しておくことも重要でしょう。

GoPro 最強のオプションは GoPro !?

GoPro を購入するすべての方にオススメするわけではありませんが、GoPro によって面白い絵を撮るために欲しいのはもう 1 台の GoPro です。 極端なことを言うと、常に同じカメラ、同じ視点から提供される映像は、多くの場合に退屈を感じさせます。 意識して見ると、GoPro の公式で紹介されている多くの動画が複数の視点から撮影されていることが分かると思います。

GoPro が 2 台あれば、引いた視点と、対象者の視点と、2 種類の視点を作ることができます。 これはコンパクトデジタルカメラなどでも良いのですが、動き回りながら撮影するには、どうしても GoPro が必要になりますね。 (特に水辺や不安定な場所では GoPro が必要でしょう)

"始める前に" というよりは、GoPro での撮影が楽しく投資しても良い、という段階で購入することをお勧めします。 1年か2年かに一度、GoPro 自体のバージョンアップもありますし。 もし GoPro で撮影を始めたばかりの段階で購入するのであれば、GoPro は同等かそれより上位のモデルのものでなくても良いでしょう。

一部のオプション製品または機能は、特定のモデル(特に最上位)にのみ対応というという制約があります。 購入予定のオプションや使いたい機能がある場合には注意する必要があります。