HERO+ が発売!HERO, HERO+, HERO+LCD の違い

GoPro HERO と GoPro HERO+ LCD の中間にあたる製品 GoPro HERO+ が発売されるようです。 日本国内の発売日が 2015 年 11 月中に決まったようで、国内代理店の田島コーポレーションではすでに予約が開始しています。

HERO+ - GoPro 公式 GoPro HERO+ 新発売のご案内 - 田島コーポレーション
スポンサーリンク

HERO, HERO+, HERO+LCD の違い

詳細は公式ページを見て頂くとして、端的に 3 つを説明すると次のようになります。

  1. HERO は GoPro のうち最も安価なエントリーモデルです。
  2. HERO+ は HERO よりも撮影機能が強化されて、Wi-Fi が付いています。
  3. HERO+LCD は HERO+ に液晶画面が付いています。

HERO から HERO+, HERO+LCD とグレードが上がるたびに、価格が 1 万円程度ずつ上がります。

60fps 撮影は魅力的

HERO+ にあって、HERO にない魅力的な機能の 1 つが FullHD の 60fps 撮影です。 60fps 撮影とは、秒間 60 枚の画像で動画を撮影するということです。HERO は 30fps 撮影しかできません。

激しい運動を伴う環境で使われることの多い GoPro などのアクションカムでは、60fps と 30fps とでハッキリとした違いが体感できます。 パラパラ漫画を想像して頂ければわかりますが、60fps の方がより滑らかでブレの少ない映像に見えます。 Youtube が 60fps に対応したこともあり、できるだけ 60fps で動画を撮影したいところです。

また無料のソフトウェア GoPro Studio を使えば、スローモーション動画を手軽に製作することができますが、 スローモーション動画は、高い fps で撮った動画の方が美しく制作することができます(詳細は個々では割愛します)。

Wi-Fi で何ができるのか

Wi-Fi 機能は GoPro HERO にはなく、HERO+ と HERO+LCD にのみあります。 Wi-Fi が使えると、スマートフォンアプリ GoPro App が使えますし、オプションのリモコンを使って撮影の遠隔操作ができるようになります。

GoPro App は撮った動画をその場で確認したり、今カメラに映っている映像を確認する機能も付いています。

正直に言えばスマートフォンを出して Wi-Fi 接続して撮影する、という手順は面倒になることが多いのですが、撮影した直後にみんなで映像を見たい、なんて時には重宝します。 また、車など自分の手元から離れた位置にカメラを設置する場合には、遠隔操作で撮影の開始と停止ができるのは便利ですね。

エントリーシリーズどれがオススメか

最新のエントリーシリーズは 3 種類になったわけですが、状況に応じてオススメをするなら次のようになります。

HERO+LCD よりは Silver を

HERO+LCD のページでも言及していますが、HERO+LCD は価格と機能が中途半端なのが否めません。 バッテリー交換できない、ハウジング交換できない、などのことを考えると、HERO+LCD よりは上位モデルの Silver を購入することをオススメします。

HERO+ か HERO か

先の通り HERO+LCD はおススメしないとして、HERO+ か HERO かの選択になります。 基本的に、遠隔操作による撮影が必要になりそうな使い方を考えていない限りは HERO で良いと思います。

GoPro App は簡単な編集もできる便利なソフトウェアですが、まだまだ PC で編集するほどの結果は望めません。 動画を撮るというよりも、ちょっと GoPro を使ってみたい、というユーザなら、HERO の方が安価で良いです。 差額をアクセサリ(マウント)の購入に使いましょう。