4K 撮影可能な 360 アクションカム SP360-4K が出るようです

Kodak PIXPRO SP360 4K の製品イメージ

Kodak から SP360 の後継機 SP360-4K が発売されるようです。日本国内の発売日は未だに発表されていませんが、国外では 10 月からの発売開始だそうです。 SP360 は発売した時点では唯一 360 度撮影ができるアクションカムでしたが、2015 年現在もその地位は変わらないようですね。

JK IMAGING EUROPE, LTD., UNVEILS THE NEW KODAK PIXPRO SP360- 4K ACTION CAMERA, THE WORLD FIRST 360 DEGREE 4K ACTION CAMERA-THE ALL AROUND YOU- CAMERA (公式の情報)
スポンサーリンク

4K とはいっても画像サイズは 2K * 2K

4K と銘打っていますが、一般的に意識する 4K サイズとは異なり、2K * 2K の 4K サイズです (2880 * 2880)。 一般的には 4K * 2K を想像する方が多いでしょうから注意が必要です。 それでも従来機よりは随分と解像度が上がっていますね。

主なスペックは次のように告知されています。

  • 主なスペック
    • 12MPix BSICMOS
    • F2.8 レンズ採用
    • 1280 * 720 (120fps) に対応
    • 2880 * 2880 (30fps) に対応

SP360 4K は購入する人を選ぶ

Facebook 社が買収した Oclus なる VR ヘッドマウントディスプレイが来年には製品版として販売されますし、 Youtube も公式に SP360 動画のアップロードに対応していますから、楽しめる状況は整ってきています。 アクションカムで 360 撮影ができることに魅力を感じるなら、SP360 4K は唯一の選択肢です。

一方で相変わらず付属するソフトウェアが扱いにくい問題が残っています。 動画を編集して楽しみたい方や、動画の編集に時間がかけられない人にはお勧めしません。 360 撮影を手軽に行いたくて、アクションカムでなくても良いなら、扱いやすい Ricoh THETA S をオススメします。

編集ソフトに関してはバージョンアップしてせめて GoPro Studio 位の機能と扱いやすさは実現して欲しいものですが、 GoPro とは資金体力が異なりそうなので早急な対応は期待できないでしょう。