新品・中古、今購入するならどの GoPro か ― 2015年2月

GoPro HERO4 Revealed! - PetaPixel より画像を引用しています。

新品・中古を考慮して、今 GoPro を購入するならどの GoPro が良いのかを検討して提案します。 「できるだけ安く済ませたい」という人向けと「思う存分遊べるものが欲しい」という人向けと2つ用意しました。 基本的に GoPro を持っていない人へのおススメです。既に GoPro を持っている場合には必要に応じたものを購入しましょう。

スポンサーリンク

できるだけ安く済ませたい

「本格的に使ってみたい、でも安く済ませたい」なら HERO3 Black Edition。「完全に入門用」なら HERO です。 HERO3 は HERO3+ ではありません。また HERO は HERO4 と同時発売されたものです。

HERO3 Black Edition は現時点では公式の販売は終了しています。 ただし「ヤフオク」や中古の取り扱い店などで比較的多く出回っていて入手難易度が低いものです。 一方で HERO3 の次のバージョンである HERO3+ はそれほど多く出回っていません。 (HERO3+ のユーザが HERO4 へ乗り換えなかったことが原因かと思いますが)

HERO3 と HERO3+ でスペック上の違いはありますが、安く済ませるなら HERO3 の方が良いと思います。 HERO3+ は公式の販売が終了して以降、何故か中古品の値段があまり下がっていません。 HERO3 BlackEdition 以上の GoPro が欲しいなら HERO4 の購入を検討した方が良いでしょう。

また HERO3+ には次の問題もあります。個人的には現時点で HERO3+ を購入するユーザ層が見出せません。 HERO3+ なら 次の項目で紹介する HERO4 を購入した方が良いでしょう。

GoPro HERO3+ は遠方のフォーカスに問題がある また GoPro HERO3+ で Wifi の Update が出来なくなりました。

HERO は現時点で公式にも販売されています。 同じく低スペック低価格である HERO3 White も公式で販売されていますが値段が倍近く異なります。 HERO3 と比較して (1)ハウジングが交換できない、(2) 一部の撮影モードが使えない、という欠点がありますが、 フルHD 撮影などの主要な機能はすべて使えるので完全に安く済ませる場合には HERO 一択になるでしょう。 HERO3 White を購入して得することはほとんどありません。中途半場過ぎます。 HERO に関する説明については次のページも参考にしてください。

GoPro HERO4 のエディション各 3 種について解説

本格入門 & 思う存分遊べるものが欲しい

「現時点でハイスペックのモノが欲しければ HERO4 の Black ないし Silver Edition」 を購入することになります。 オプションがあるからって HERO3+ や HERO3 の中古品を購入するくらいなら、HERO4 を購入した方が良いです。 新規購入すれば少なくとも1年の保証も付きますしね。逆に言えば保証のない HERO4 は購入するべきではありません。 国内販売品を新規で購入することをお勧めします。輸入品は国内代理店の補償を受けることができません。 経験的に故障交換の際はシンガポールに輸送することになるはずです(執筆時点では)。

HERO4 Silver や Black についてのメリットは次のページでほとんど説明してしまっていますが、 プロフェッショナルユースでもない限りは Silver Edition が良いと思います。 高品質なハイスピード撮影など Black でしかできないこともありますが、 特にハイスピード撮影に興味がなければバックパネルが付いて扱いやすい Silver が良いでしょう。 Black との差額を利用してオプションを購入した方が GoPro を楽しむことができると思います。

GoPro HERO4 のエディション各 3 種について解説